2017/08/18

認知症医療は情報戦争

「認知症医療は情報戦争」そう考えておいて間違いないと思う。

太平洋戦争の過酷な時代を生き延び、
老後という人生の最終章で
また新たな戦争に
遭遇している人たちがいる・・・

それは、認知症という
製薬会社と厚労省が創り出した
超高齢化社会が直面している
新たな戦争・・・

ある意味、認知症医療は情報戦争。
適切な情報を掴んだ者だけが
まともな治療に辿り着くことができる。
それは患者のみならず、医師もである。

 だからこそ、こういうセミナーを通じて真に役立つ情報を得て認知症の人を守るしかありません。認知症治せる」と思ってあきらめないことが大切です。