2016/09/24

かしこい介護者になろう

柔軟な発想で考えよう

なんだかよく分からない暗号のような数字があるという。128e980 なんだろうこれ?
128×√e×980を計算すると、何か意味のある数字が出て来るのだろうか?

日常生活では馴染みのない数字ですが、
e = 2.718281828459045・・・・
という数字定数があります。
超越数で、「フナヒトハシフタハシヒトハシフタハシシゴクオイシイ;鮒、一箸二箸、一箸二箸、至極美味しい」と覚えます。

手許に電卓がないので計算するのはやめて答えを見た。128e980の上半分を消すと、「I Love you」だと。文法としては、「Love」ではなくて「love]なのだけど、まあいいか。柔軟な思考力のない自分に笑った。


認知症医療は捨てたもんじゃない

高齢者にとって薬はどれも毒です。その毒のせいで絶望に追いやられるのではなく、賢く使って希望に変えていく能力を身につけなければなりません。薬は上手く使ってこそ薬であり、下手に使えばどんなに優れた薬でも毒。
「医者と薬は使いよう」賢くならないと、とてもではありませんが高齢者介護は難しいのです。

この講演では漠然としたきれいごとを語ってはいません。臨床に立ち、実際に認知症治療に携わっている経験から語っています。その中で、「これはおかしいよネ!」って疑問に思われることを具体的に説明しています。

この説明を通じて分かることは、不都合な真実には目を向けず、ある特定の既得権(認知症医療ムラの利益関係)に配慮したが故に生じる理論展開の矛盾が露呈しているということです。

詳しくは動画をご覧いただくとして、指摘の対象となっている実例を以下にあげておきます。

指摘1:認知症治療薬の副作用はそれだけですか?
一般に認知症治療薬(アリセプト、メマリー、レミニール、リバスタッチ、イクセロンパッチ)の副作用は、吐き気、下痢、目眩、眠気などとされています。これらには当然、個人差はありますが、易怒や興奮もまた生じることがあります。人によっては、怒りっぽくなって介護者を困らせる状態を生み出すこともあります。

この副作用の出現は極めて重大です。
分かり易いハナシ、要介護2の人が易怒や興奮のため手に負えなくなって要介護3になってしまった、ということが生じるのです。薬で要介護度を上げておきながら、その手当()として、介護費用を増すというのです。問題は費用増にとどまらず、介護者の負担も増加させてしまうのです。まったく無駄な医療費と介護費であり、理にかなわないことが公然と報じられているのです。

指摘2:不都合な真実を隠す方便は理論的に破綻する
専門医として認知症治療に携わっている医師による記事がある医療系雑誌に掲載されています。これは厚労省による通達(骨子は抗認知症薬の適量処方を認める)を受けての意見です(下図23番目に一部を図示)

この記事での理論展開は筋が通らず、矛盾があります。このことは先に紹介した動画をご覧ください。動画の中では露骨に言っていませんが、「製薬会社との関係を配慮するとホントのことは書けないです。私(記事投稿の医師)もその学会の役員ですし・・・」ということは認識しておかなければなりません。



「患者さんに合わせた用量設定は基本的には賛成」・・・たしかにその通りです。誰が考えても同じことを言うでしょう。しかし・・・



「この通達が悪用される可能性を憂慮」・・・悪用しているのは製薬会社。それに加担している学会、大学のエライ先生方でしょ! しかし・・・





患者・介護者に迷惑をかけない治療

認知症治療は中核症状である記憶機能の障害を改善することよりも、周辺症状を極力抑える治療が望まれます。人は年を取れば呆けてくるのは当たり前のことです。その呆けよりも、人が人らしく人生をまっとうするために必要な能力の維持にこそ治療の意味があるのです。



かしこい認知症介護者になろう

実践的認知症セミナーのお知らせ(詳しくはこちら→)
実践的認知症セミナーのお知らせ(詳しくはこちら→)



24時間経過後の傷
指を切ったら痛かった
調理中に左人差し指を深く切った。血が止まるまで約15時間。

圧迫止血さえも満足にできない自分にがっかり! 何も知らないことを知った。「病院に行って縫ってもらうレベルです!」と聞かされて驚いた。